教育方針・目標

学校法人 山元中央学園の紹介

昭和42年4月、初代園長 檀崎愛子が幼稚園、小学校の教師生活で学んだ「人間教育の中では基礎の教育である幼稚園教育がもっとも大切なものである」また「幼稚園と小学校の関連性」を重視し、幼稚園、小学校の経験を生かした幼稚園を開設しました。

本園の環境

周囲一帯みどり濃い樹木に囲まれ、四季の変化に富み、公害皆無閑静にして安全です。
よい環境、よい設備、よい先生、よい園児、よい幼稚園をモットーにしています。

本園の保育方針

学校教育法に従い、正しい保育を行い、しつけ本位の心身の成長発達を期し、更に幼少一貫の関連を重視し幼児期に最も大切な具体学習を充実させ、進んで学習活動に参加できる子を育成することを目的としています。

  • しつけ本位の教育(心の教育)
  • 子供、親、教師、三位一体の教育
  • 世界に共通する子の教育
  • それぞれの鳥に、それぞれの歌をうたわすがよい

以上の4つの方針を基に、毎日の合同保育(満3才児、年少、年中、年長)を通して、年長は年中少の良いお手本となり、小さい子のお世話を喜んでする。また年中少は年長のおにいさん、おねえさんからいろいろなことを学びながら園生活を楽しめるように“壁のない教育”を実践している、また、教師もクラスの枠にとらわれずに「幼稚園の子どもは全員の先生で保育する」をモットーに指導にあたっています。

本園の沿革

昭和46年 12月 やまもと幼稚園設立、宮城県知事の認可受く
昭和47年 4月 やまもと幼稚園開園
昭和49年 4月 交通安全こじかクラブ設置
昭和51年 4月 職員室増築
昭和51年 12月 開園5周年記念
園歌制定(作詞/三宅進 作曲/やまもと幼稚園)
昭和54年 4月 3年保育開始
昭和56年 7月 創立10周年記念式典挙行
昭和57年 12月 学校法人山元中央学園設立、宮城県知事の認可受く
昭和59年 3月 窓、天井改築
昭和59年 5月 水洗トイレ完成
昭和63年 4月 保育室増築
平成7年 1月 新園舎改築
ページのトップへ戻る